10月14日は「鉄道の日」です。じつは、この鉄道の日がある10月という月は鉄道ファンにとって重要な月になっています。今回は、鉄道の日がどんな日なのか、またなぜ10月が鉄道ファンにとって重要な月なのか解説します。

鉄道の日は日本で初めて鉄道が開通した記念日

10月14日が鉄道の日として制定されている理由は、日本の鉄道が開通した日だからです。明治5年(1872)の旧暦9月12日(現代の暦だと10月14日)に、新橋駅〜横浜駅間日本初の鉄道が開通しました。実際に記念日になったのは大正10年(1921年)で、鉄道開通50周年として当時の東京駅丸の内北口に鉄道博物館が開館し、これをきっかけに鉄道記念日が制定されました。

その後、鉄道記念日は、国鉄や民営化後のJRの記念日として祝われていましたが、1994年にJRだけでなく、すべての鉄道事業者の記念日として「鉄道の日」に改称しました。

10月は限定切符の販売や鉄道関係のイベントなどが盛りだくさん

鉄道の日がある10月が、鉄道ファンに注目されている理由は、鉄道の日を記念した切符の販売やイベントが多いからです。

たとえばJRでは、この鉄道の日を記念して、「秋の乗り放題パス」を期間限定で発売しています。このパスは、最初に利用した日から3日間、特急券を必要としないJRの普通・快速列車の普通自由席などに乗り放題になるパスです。日本中のJR在来線に乗れるので、おもに乗り鉄を趣味とする鉄道ファンに愛用されています。

また10月には、東京日比谷公園で有名な鉄道イベントである「鉄道フェスティバル」が毎年行われています。ほかにも各地方で、鉄道の日を記念するイベントがおこなわれ、オリジナルグッズの購入やステージイベントなどを見るため、全国から鉄道ファンが集結します。

鉄道ファンにとって見逃せない鉄道の日を楽しもう

鉄道の日がある10月は、秋の乗り放題パスが発売されたり、鉄道関係のイベントがたくさんおこなわれるので、鉄道を楽しみたい人にとっては絶対に外せない月です。鉄道好きな人は、10月に休みを取って鉄道を楽しむ計画を立ててみてください。