鉄道趣味には、さまざまな楽しみ方がありますが、初心者は乗り鉄からはじめるのがおすすめです。乗り鉄は、大掛かりな準備などをする必要がありませんし、マニアックな鉄道知識がなくても楽しめます。今回は、そんな初心者に向けた乗り鉄の楽しみ方を紹介します。

初心者のうちは車窓の景色を楽しむために列車に乗るのがおすすめ

乗り鉄初心者のうちは、素直に車窓から見える風景を楽しむのがおすすめです。車窓から見える風景が映えるような路線を選べば、鉄道を利用するだけで観光気分を満喫できます。

乗り鉄には、さまざまな楽しみ方があり、乗り鉄上級者は、全国の路線を制覇したり、レアな列車に乗るといった記録に挑戦する人が少なくありません。しかし、初心者のうちは、そういった記録ために列車に乗るよりも、純粋に鉄道旅を楽しむほうが、趣味としての満足感が高くなります。

最低限お知識をもっていたほうが乗り鉄を楽しめる

乗り鉄をする上で、マニアックな鉄道知識は必要ありませんが、それでも最低限の鉄道知識をもっていたほうが乗り鉄をお得に楽しむことができます。

たとえば、車窓の風景を目的に列車に乗るときは、あらかじめ地図などを見て、風景が良さそうな場所を調べておいたほうがいいでしょう。「この地点からなら海を見ることができる」といったように予習しておけば、ベストショットの景色を見逃さずに済みますし、地図の情報と実際の景色をくらべて、想像との違いを楽しむことができます。

ほかにも、JRの普通列車が1日乗り放題になる「青春18きっぷ」などのお得に列車に乗れるきっぷの知識があると、乗り鉄をする上で経済的に楽になります。そういった知識は、普段の生活や普通の旅行で鉄道を使うときにも役立つので、無駄になりません。

乗り鉄はちょっとしたコツで初心者でも楽しめる鉄道趣味

乗り鉄は、ちょっとしたコツで、とても楽しめる鉄道趣味です。鉄道に興味があるけど、何から始めればいいかわからないという初心者の方は、ぜひ記事を参考にして鉄道の旅を楽しんでみてください。