鉄道ファンにとって鉄道の写真を撮るのは、大きな楽しみです。しかし、最近ではマナー違反の撮影者が多く問題になっています。そこで今回は、鉄道写真を撮るときのマナーについて紹介します。

撮影時には立ち入り禁止の場所に入らずほかの撮影者と譲り合って撮る

鉄道撮影で、現在1番大きな問題になっているのが、撮影場所の問題です。最近は、レアな写真を撮ることが撮り鉄の人の間でブームになっており、線路内など立ち入り禁止の場所に立ち入って撮影する人が増えています。しかしそういった行為は、事故を起こす危険がありますし、そもそも違法行為です。

また、鉄道を駅などで撮影するときに、写真映えする場所で撮影したいのが人情です。しかし、そういった場所は多くないため、ほかの人が撮影しているところに横入りするとトラブルの原因になります。写真撮影をするときは、立ち入り禁止エリアなどに入らず、ほかの撮影者と場所をゆずりあって撮影するようにしましょう。

運転手や駅員御迷惑になるフラッシュを使わない撮影を習慣にする

走行中の列車を撮影するとき、逆光時には思わずフラッシュを使いたくなります。しかし、フラシュの光が列車の運転手や駅員の目に入ると、視界を妨げて運航の邪魔になったり、最悪の場合は事故を引き起こす原因になりかねません。

鉄道車両の写真を撮るときには、フラッシュ機能をOFFにして、フラッシュなしで撮影することを習慣にしましょう。そのためには、逆光にならない構図を探したり、暗い場所では自然光を活かす楮を探すなど、自分のほうが動いて、フラッシュを使わなくて済む撮影場所を探すとよいでしょう。

トラブルを避けるためにも周りに迷惑をかけないように撮影しよう

鉄道写真を撮る上で、トラブルを避けるためにも、マナーを守ることはと手の大切です。みなさんも、列車を撮影するときは、マナーを守って周りに迷惑をかけないようにしてください。