最近、鉄道趣味が注目されています。鉄道といえば、かつては男性の趣味として有名でしたが、最近では「鉄子」と呼ばれる女性の鉄道ファンも増えており、趣味の1ジャンルとして世間に認知されてきています。そんな鉄道趣味は、いろいろな種類があり、さまざまな楽しみ方ができるところが魅力です。今回は、そんな鉄道趣味の種類について紹介します。

乗り鉄は鉄道に乗って楽しむ趣味

鉄道趣味のなかでも、大きなジャンルなのが「乗り鉄」です。乗り鉄とは、鉄道に乗って旅をする趣味のことで、観光地を旅行するのではなく、鉄道に乗ることを目的に旅をします。旅行するときに、なるべく鉄道を利用するというライトな趣味の人から、鉄道に乗ることだけを目的にするディープな人まで、いろいろな乗り鉄があります。

とくにディープな乗り鉄のなかには、現在運行しているすべての列車に乗る完乗タイプや、すべての駅で乗降する完駅タイプ、すべての種類の車両に乗るタイプ、レアな限定列車に乗るタイプなど、いろいろなタイプがあります。こういった乗り鉄は、列車のダイヤなどに詳しいので、旅行の相談に乗ってくれる人が多いという特徴があります。

自分の好奇心を満たすために乗り鉄にハマる人が多い

多くの鉄道ファンが乗り鉄という趣味にハマる理由は、いったことにない場所にいったり、乗ったことのない列車に乗ったりすることで好奇心が満たせるからです。単に見知らぬ土地にいくだけでも、好奇心を刺激しますが、鉄道を使うことで車窓から見える風景の変化を楽しんだり、土地それぞれの駅弁を食べてみるというように、旅行の過程も楽しむことができます。

また、乗り鉄で全国の路線を利用していると、すべての路線を制覇したいというようなコレクション魂が刺激されます。そのためディープにハマるほど、コレクション的な記録を重視するマニアックな楽しみ方をするようになります。

電車代を抑えて乗り鉄したいなら青春18きっぷを利用しよう

乗り鉄趣味では、鉄道を利用して全国のさまざまな路線に乗るため、相応の交通費がかかります。そんな乗り鉄を安く楽しむのにおすすめなのが、「青春18きっぷ」です。

青春18きっぷは、JRが発売している限定乗車券です。これを利用すると、日本全国にあるJRの路線のうち、普通・快速列車に1日限定で乗り放題になります。基本的に特急券が必要な列車には乗れませんが、JRのローカル線なら何度乗り降りしてもいいので、いろいろな路線に乗りたい乗り鉄の強い味方になります。

青春18きっぷは、利用できる期間が決まっており、春季・夏季・冬季の3回に分けて販売されます。料金は11,850円ですが、期間中5回まで利用できるので、1日あたり2,370円になります。

鉄道に関連するものを撮影して仲間と楽しむ趣味が撮り鉄

撮り鉄は、鉄道車両を撮影する鉄道趣味です。鉄道好きは、多かれ少なかれ鉄道の写真を撮りますが、そのなかでも鉄道写真を撮ることをメインにしている人が撮り鉄です。撮り鉄は、乗り鉄などのほかの鉄道趣味との相性が良いため、純粋に撮影だけを趣味にする「撮り専」よりも、別の鉄道趣味を持ちながら撮り鉄をする人のほうが多い傾向にあります。

撮り鉄は、基本的に鉄道車両の外見をメインに撮る人が多いですが、なかには車内を専門に撮るタイプや駅構内や線路沿いの風景写真を撮るタイプなどもいます。だれもが撮影できる駅から撮影する「駅撮り」よりも、駅間の線路や、人里離れた山間などを走る鉄道車両の写真のほうが貴重だと考える人が多く、撮った写真の題材や撮影技巧を同じ趣味の仲間と楽しんだりすることも撮り鉄の醍醐味です。

撮り鉄は初心者にもおすすめの鉄道趣味の入り口

撮り鉄は、鉄道趣味のなかでも簡単にはじめられて、仲間も多い趣味です。鉄道趣味のなかには、知識がないと楽しめないディープなものも多いですが、カメラ1台ではじめられる撮り鉄は、結果がわかりやすく、鉄道趣味の入門に最適です。

また、風景なども重視した鉄道写真は、芸術性などが高く、写真を趣味にしている人にもたくさんの撮り鉄がいます。最近はSNSなどの影響で写真を趣味にする女性が増えているので、鉄道の写真を撮っているうちに鉄道趣味にハマる女性も少なくありません。

デジタル一眼などを用意するとより楽しむことができる

撮り鉄を趣味にする上で、重要な要素の1つがカメラです。最近は、スマホのカメラ機能が進化しており、ある程度クオリティが高い写真が撮れますが、本当によい写真を撮るにはデジタル一眼カメラなどを利用するのがおすすめです。

昔のフィルムカメラと違い、最近のデジタル一眼カメラは、低価格でも高性能なものが増えており、現像代などの費用もあまりかかりません。とくに遠方から鉄道を撮るときには、望遠レンズが必須です。撮り鉄をより楽しむためには、カメラ選びにもこだわったほうがいいでしょう。

鉄道模型を楽しむ模型鉄はお金持ちの向けのジャンル

模型鉄は、鉄道模型を収集して楽しむ趣味です。さまざまな種類の鉄道模型をコレクションしたり、ジオラマなどを制作して鑑賞したりします。

鉄道模型は、19世紀初頭から生産されており、現在では世界中に愛好家がいます。鉄道模型には、さまざまな規格が存在し、とくに「Nゲージ」と呼ばれる規格の鉄道模型は、もっとも愛好家が多いといわれています。

基本的に、鉄道模型は全般的に高額なので、鉄道趣味のなかでは、お金持ちの趣味といわれています。また、模型鉄の父親に影響されて親子で模型鉄になる人も多いようです。マニアのなかには、自分で模型から自作してジオラマをつくる人もおり、いろいろな楽しみ方ができるすそ野の広い趣味です。

時刻表やダイヤ運行などを楽しむ鉄道趣味もある

鉄道趣味のなかには、鉄道のダイヤ運行などに興味を持ち、資料を収集して分析したり、知識を深める人たちがおり、こういった人たちは、一般的に「時刻表鉄」や「スジ鉄」と呼ばれています。

時刻表鉄は、本屋などで販売されている時刻表などを読みながら、鉄道旅行の計画を立てたり、運行の様子を想像して楽しむ趣味です。現在、いろいろな時刻表が発売されており、大正時代に創刊された日本最古の時刻表である「汽車時間表」の流れをくむ「JTB時刻表」やJR公式の「JR時刻表」ほか、マニアックな貨物列車の「JR貨物時刻表」などがあります。

スジ鉄は、鉄道会社などで使われるダイヤグラム(運行表)を愛好する趣味です。スジ鉄のスジとは、ダイヤグラム上で列車を示す直線のことで、本来の意味ではダイヤグラムを楽しむ人達を指しますが、広義の意味では時刻表鉄もスジ鉄に含まれています。

時刻表鉄やスジ鉄は、鉄道趣味のなかでも一大勢力でしたが、最近では減少しています。また、架空の鉄道会社などを仮想したり、オリジナルのダイヤを仮想する「仮想鉄」呼ばれる趣味の人たちもいます。

鉄道はマニアだけでなくライト層にもおすすめの懐の深い趣味

鉄道趣味は、マニアックな趣味だと思われがちですが、実際にはライトなものからディープなものまでいろいろなものがあり、どんな人でも楽しめる懐の深い趣味です。もし鉄道に興味があるなら、怖がらずに、鉄道趣味の世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか。